学習塾の経営者の皆さまへ

塾の指導内容をeラーニング化してみませんか?

コロナ以前から、大手の学習塾、進学塾では、タブレットやパソコンを利用したオンライン授業や指導がスタートしていました。コロナ以後は、この流れが加速しています。

コロナの影響で、個人経営の学習塾でも、ウェブ会議システムを利用した遠隔指導などが行われてはじめていますが、教材の配信、進捗・成績の管理などが行えるeラーニングの導入はまだまだのようです。

システムの導入/維持コスト、教材の開発コスト、運用の手間の人材などがネックになっていると考えられます。

もしも、コストが問題であるならば、まずは、無料で利用できるドリルメイト(R)から試してみるのはいかがでしょうか。

これまでワードやエクセル、パワーポイントなどで作成してきた塾のオリジナル教材を、ドリルメイトに登録するだけです。「限定公開」機能を使えば、特定の生徒だけに、特定の教材を配信することもできます。

<限定公開とは>

限定公開とは、ドリルストアにパッケージを公開せず、一部のドリルメイトユーザーにのみ、パッケージを学習する権利を提供できる機能です。
「限定公開」は、ドリルメイトに「登録済みのユーザー」を「5人」まで招待できます。
パッケージごとに、招待する5人を変えることができるので、上手く運用すれば、ある程度の人数まで無料版のドリルメイトで配信することが可能です。